病気や体調不良にはいくつか要因がありますが、その中でも重要なのは「アーマ」

アーマとは、「未消化物」のこと。

身体で代謝出来ずに残ってしまった「燃えかす」で、白くてべたべたして、身体のあちこちにくっついて病気のもとになるような悪さをする性質のものです。

 

アーマが発生する原因には、消化力に対して食べ過ぎる、消化に重たい食事、不規則に食べる、食べ合わせなど、食べ方や消化力が大きく影響します。

 

 

以下の方法を参考に身体の中にアーマがあるかどうかをチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

【アーマをチェックしよう!】

 

 

①舌を見る  

 

舌はアーマのバロメーターです。

朝起きて、一番最初に鏡の前で舌を伸ばして見てみましょう。白い舌苔が分厚くついていませんか?または、黄色や茶色っぽい色をしていませんか?はたまた、綺麗なピンク色の舌?

どんな状態でも、舌苔がついているときは、アーマがある状態です。

昨日食べたものや食べた時間でも、翌朝の舌苔が変化しますので、毎日舌を観察する習慣をつけましょう。

 

タングスクレーパーという、舌苔をとりのぞく専用の道具があります。

 

 

 

②便を見る

 

便やおならが匂う、便が水に沈む、便が粘り便器にこびりついて汚れる、等の状態の時はアーマ状態の便です。消化力を上げて、水に浮く・あまり匂わない・黄色や黄土色の良い状態の便を目指しましょう!

 

 

消化力を上げよう

 

 

 

③身体の症状

 

  • 身体が重たく感じる

  • 行動に覇気がなく、だらだらしてしまう

  • 熱が出る

  • 疲れる

  • 力が入らない

  • 味覚が鈍くなる

  • むくみ、便秘など老廃物が体にたまる

 

 

といった症状も、アーマがたまっているときに見られます。

 

消化不良を解消!

 

アーユルヴェーダサロン カウムディー     email :  kaumudi.tsukiakari@gmail.com

Copyright © 2016 ayurvedasalon kaumudi. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now